• ホーム
  • インフルエンザ患者におすすすな食べ物

インフルエンザ患者におすすすな食べ物

マスクをかける女性

インフルエンザにかかった場合、高熱や全身の倦怠感、頭痛や吐き気、嘔吐や下痢などが出てくることがあります。
そのため食事を摂取する気力すら湧いてこない、食べ物を見るだけで吐き気を感じると言う事態になることも考えられます。

ですから無理をして食事を食べると言うのは、あまりおすすめできません。
ただ激しい衰弱状態、脱水状態になりやすいので、少しでも良いので食事を口にすることは回復を早めることにつながります。

インフルエンザにかかった人におすすめできる食べ物としては、水分を多く含んでいるもの、咀嚼をそれほど必要としないもの、そして胃や腸に対する負担が少ないものが挙げられます。

水分は脱水状態を防ぐために必要ですし、咀嚼を必要とする食べ物は衰弱状態にある人にとっては酷です。
そして胃や腸に負担がかかるものは、却ってインフルエンザの症状を悪化させることもあります。

これらを踏まえた上で具体的にはどのような食べ物が望ましいかと言うと、まずはスポーツドリンクや果物のジュースと言った飲み物です。
胃や腸に負担がかからないよう、常温であるのが望ましいです。

それからゼリーやプリンなども水分を適度に含んでおり、なおかつ咀嚼をそれほど必要としないのでおすすめです。
ヨーグルトもおすすめですが、普段からお腹が緩めの人でインフルエンザによって下痢の症状が出ている人は、それが悪化する可能性もあるので気をつけて下さい。

それから咀嚼を必要とせず、ゼリーなどよりもより食事としての意味合いが強い食べ物としてはお粥もおすすめです。
梅干しや塩昆布などを添えれば、発汗によって失われているミネラル分を補給することもできます。

そして胃や腸への負担を避けると言う意味では、辛い食べ物や油気の多い食べ物は、インフルエンザにかかっている人にはおすすめできない食べ物です。

関連記事